\1000冊以上読み放題はコチラ♪/

【文庫本レビュー】「時の旅人クレア・アウトランダー」~時を超えた愛の行方は~

夕暮れ時スコットランドのヘッジストーン 時事ハイライト
※当サイトにはアフィリエイト広告が含まれます

恋愛小説に魅了されること間違いなし!

筆者が厳選したロマンス小説のおすすめ作品をご紹介します。

心を揺さぶるストーリーに胸が熱くなり、新たな恋への希望が湧いてくることでしょう。

恋愛小説を読むことで、自分自身の人生に対する見方や価値観が変わることがあります。

読者の皆さんにとっても新しい発見があるはずです。

ぜひ読んでみて感動してください♪

それでは今回ご紹介する文庫本はこちらです。

時の旅人クレア1~3巻
(ヴィレッジブックス出版)

スコットランドの美しい風景、時空を超えた恋、そして歴史的な謎が織りなす、壮大な物語。

それが『時の旅人クレア 』です。

アメリカで1991年に出版され、日本ではヴィレッジブックスから2003年に翻訳出版(訳=加藤洋子さん)された作品です。

本書は、1945年のイギリスから18世紀のスコットランドへタイムスリップした女性クレアと、彼女が出会った若きスコットランド人ジェイミーとの物語です。

クレアとジェイミーの愛は、時空を超えて深まっていきます。

そして、スコットランドの自由をめぐる戦いや、クレアの持つタイムスリップの秘密が明らかになることで、物語はより一層複雑になっていきます。

『時の旅人クレア』は、歴史的な背景にも深く根ざした、情熱的で壮大な物語です。

あなたも、クレアとジェイミーの物語に心を奪われ、時空を超えた恋に惹き込まれることでしょう。

スポンサーリンク

はじめに

今回は、時代小説『時の旅人クレア』についてご紹介します。

この作品は、スコットランドの美しい風景や時空を超えた愛、そして歴史的な背景が織りなす壮大な物語であり、世界中で愛されている名作です。

本記事では、ネタバレをしないで『時の旅人クレア』について紹介することを約束します。

スコットランドの美しい風景に魅せられる

『時の旅人クレア』は、スコットランドの美しい風景に彩られた物語です。

スコットランドの荒野や山々、海岸線、そして歴史的な建造物など、作者ダイアナ・ガバルドンは詳細に描写しています。

本書を読んでいると、まるで自分自身がスコットランドにいるかのような錯覚を覚えます。

また、スコットランドの文化や風習についても描かれており、読者はスコットランドの魅力に夢中になることでしょう。

タイムトラベルという非現実的な要素が物語を彩る

本書の主人公クレアは、1945年のイギリスから18世紀のスコットランドにタイムスリップします。

この設定は非現実的なものですが、物語を彩る上で重要な要素です。

タイムスリップによって起こる出来事や、クレアが遭遇する困難など、読者はクレアの目線で時代を超えて物語を体験することができます。

歴史的な背景に深く根ざした壮大な物語

『時の旅人クレア』の舞台となる18世紀のスコットランドで起こる戦いや、クレアの持つタイムスリップの秘密など、物語の中には歴史的な背景に深く根ざした要素が盛り込まれています。

作者ダイアナ・ガバルドンは、スコットランド史に関する緻密なリサーチを行い、物語の中で様々な歴史的事件や人物を取り入れています

中でも、スコットランド独立戦争や、スコットランドのジャコバイト反乱などが物語に大きな影響を与えています。

また、クレアの医療知識を生かしたエピソードも多く、18世紀の医療事情についても詳しく描かれています。

https://amzn.to/3KQO4yS

私個人の感想

『時の旅人クレア』に完全に魅了されてしまいました。

スコットランドの美しい風景や文化が描かれた物語の中で、クレアとジェイミーの愛に惹かれて、一気に物語を読み進めます。

クレアが時を超えて18世紀にタイムスリップし、そこで出会ったジェイミーとの出会いは、まるで奇跡のようでした。

二人が互いに惹かれ合い、次第に愛し合う様子には胸が熱くなりました。

また、クレアの時代と18世紀の違いや、スコットランドの歴史的背景など、物語の中で描かれる様々な要素に興味が湧き、物語の世界に引き込まれてしまいます。

物語は、歴史的な事件や人物との交流も描かれており、そこに登場する実在の人物たちが物語に深みを与えています。

例えば、バトル・オブ・カラン・ムーアやジャコバイト蜂起、フランク・ランドールの存在などが物語に絡み、物語に臨場感を与えます。

また、クレアが医者であることや、ジェイミーが戦士であることなど、二人の専門的な知識や技術が物語に緻密さを与え、読者を惹きつけています。

さらに、著者のダイアナ・ガバルドンは、物語をより深く掘り下げるために、様々な研究を行っていることが知られています。

例えば、スコットランドの歴史や文化、医療技術や薬草、武器や衣装などについて、詳細な研究を行って物語を執筆していたのです。

また、物語の中で使用される言葉や方言なども、著者が独自に開発したものであり、物語の世界観をよりリアルに表現するための工夫がされています。

さらにこの『時の旅人クレア』は、『アウトランダー』というタイトルで、2014年からアメリカでドラマ化され、世界中で愛されています。

文庫本とドラマの比較

文庫本とドラマの比較についての私の考えです。

まず、時の旅人クレアの文庫本は、主人公のクレアが18世紀のスコットランドにタイムスリップして、そこで出会ったジェイミーとの愛を描いたロマンス小説です。

ストーリーは壮大で、スコットランドの美しい自然や文化、歴史的事件にも触れながら進んでいきます。

物語の世界観には非常に魅了され、一気に読み進めたのを覚えています。

一方で、アウトランダーのドラマ版は、小説版と同様にクレアが18世紀にタイムスリップしてジェイミーと出会うストーリーですが、小説よりもリアルな演出やより詳細に描かれた背景などが印象的でした。

また、小説では描かれていなかったエピソードも追加され、物語の奥深さが増しています。

キャストにも注目すべき点があり、主人公のクレアを演じるカトリーナ・バルフが、小説のイメージに非常に近い美しさと強さを持っていて、素晴らしい演技を見せています。

そして、ジェイミーを演じるサム・ヒューアンが、ジェイミーの温かみと男らしさを非常に上手く表現しており、二人の愛をより深く感じられる演技になっています。

一方で、ドラマ版では小説版にはないエピソードが追加されているため、小説版ファンからは不満の声も上がっています。

また、小説版にある重要なシーンが省略されたり、誤解を招く表現があったりする点も指摘されています。

しかし総じれば、時の旅人クレアの文庫本とアウトランダーのドラマ版はどちらも素晴らしい作品であると私は思います。

どちらも魅力的な世界観とキャラクターを持っており、愛と冒険に溢れたストーリーを楽しめます。

それぞれの作品の良さを楽しむためにも、両方を読んで見ることをおすすめします。

Amazon Prime Videoで観れます

まとめ

さて今回は、ロマンス小説『時の旅人クレア』をご紹介させていただきました。

『時の旅人クレア』は、スコットランドの美しい風景や文化、時空を超えた愛、そして歴史的な背景が織りなす壮大な物語で、読者も時空を超えた旅をしているかのような錯覚を覚える作品。

まずはシーズン1として全3巻をおすすめします。

本書を読むことで、スコットランドの魅力にどっぷりと浸ることができるだけでなく、クレアとジェイミーの愛に心奪われ、18世紀のスコットランドを肌で感じることができるでしょう。

最後に、文庫小説派の私が言えることは…

是非、『時の旅人クレア』の文庫本を手に取ってみてください

この記事を書いた人
びわおちゃん

☆1971年生まれ ☆滋賀県在住
☆物流系30年 ☆92'立命館大学卒
・滋賀県人の活躍を見るだけで感動して涙腺がゆるみがち。
・80歳まで働ける体を維持することを目指しています。
・情報リテラシーを尊重し、流言や同調性バイアスに惑わされない慎重な判断を重要視しています。
☆趣味:読書.ゴルフ.トレッキング.高校野球観戦. 

びわおちゃんをフォローする
スポンサーリンク
U-NEXT 1月配信情報のお知らせ!!

■アニメ
2024年☆冬アニメラインナップ☆
・うる星やつら 第2期
・「キングダム」第5シリーズ
・治癒魔法の間違った使い方〜戦場を駆ける回復要員〜
・即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが などなど!

■映画
・12/1〜『オクス駅お化け』
・12/6〜『せかいのおきく』
・12/6〜『交換ウソ日記』
・12/9〜『水は海に向かって流れる』
・12/11〜『ミンナのウタ』
・12/20〜『コカイン・ベア』

■国内ドラマ
・12/16〜『六本木クラス』
・連続テレビ小説「ブギウギ」
・大河ドラマ「どうする家康」
・きのう何食べた?2
・単身花日(たんしんはなび)

■海外ドラマ
・12/22〜『特殊作戦部隊:ライオネス』
・12/29〜『ファイア・カントリー』

『ウォーキング・デッド』新作スピンオフシリーズ4作!
・『ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン』配信中
・『ウォーキング・デッド:デッド・シティ』配信中
・『テイルズ・オブ・ザ・ウォーキング・デッド』2024年配信予定
・『ウォーキング・デッド:ザ・ワンズ・フー・リブ』2024年配信予定

スポンサーリンク
時事ハイライト
シェアする♪
時事ウォッチャー

コメント

タイトルとURLをコピーしました